スポンサーリンク

子育て

ロタウイルス対策と予防法

更新日:

毎年冬場になると感染性胃腸炎が流行しますよね。

嘔吐や下痢・腹痛は大人であっても辛いものです。

特に言葉も話せない赤ちゃんだと本当に心配なものです。

原因は様々ですが、今回は0歳~3歳児がかかりやすいロタウイルスについてまとめてみました。

ロタウイルスの症状と感染経路

 

主な症状は、発熱・嘔吐・腹痛・下痢です。
その中でも下痢の症状が強く出る事が多く他の症状より長引く傾向があります。

3人に1人の割合で乳白色の酸っぱい匂いがする下痢になります。

潜伏期間は、1日~2日と言われています。

症状がノロウイルスに似ていますが、ノロウイルスに比べて症状が重くなることが多いです。
発熱もノロウイルスより重症化します。39度以上になる事も珍しくありません。

感染経路は主に経口感染と飛沫感染と接触感染です。

感染力は非常に強いです。

ウイルスが付着している物や食べ物を食べたり、口に入れたりして感染する事が多いです。
乳幼児はおもちゃや手を口元に持っていく事や舐める事が多いので特に注意が必要です。

通常は1週間~2週間ほどで治りますが、症状が重症化し脱水症状になったり脳炎や肝機能障害などの合併症を引き起こす場合があるので、初期症状を見逃さず小児科を受診してください。

 

ロタウイルスの家庭での予防法

ロタウイルスの予防法はノロウイルスと一緒です。

感染力が強いので、もしも家族の中で感染者が出ると予防しなければ家族全員感染してしまう恐れがあります。

予防法は以前記事にしていますのでこちらを参考にしてください

 

ロタウイルスも・ノロウイルス共にアルコール消毒はほとんど効果がありません。

消毒には塩素系漂白剤が効果的です。
消毒場所により正しい濃度の消毒液を使い分ける必要があります。

消毒液は家庭で簡単に作る事が出来ます

ノロウイルス対策の消毒液と併用できますので是非こちらを参考にして下さい。
正しい濃度の使い方や簡単な作り方がまとめてあります。

家庭で簡単にロタウイルスの消毒液作成

 

ロタウイルスのもう一つの予防法

 

ノロウイルスにはありませんが、実はロタウイルスには予防接種があります。
インフルエンザの予防接種のように、感染しても重症化を防ぐことが出来ます。

しかしこの予防接種は任意なので、保険が適用されず自己負担しなければなりません。
ワクチンの値段は病院や市町村によって異なります。事前に病院に確認の電話をしてみると良いかもしれません。

ワクチン接種の金額は約30000円前後と言われています…。高い…。
基本的に保険適用外ですが、地域によっては助成金がある場合があります。
お住いの地域の市役所に問い合わせて確認してみると良いでしょう。

 

ちなみに我が家の息子は体調や他のワクチン接種との折り合いが合わず、ワクチン接種はしませんでした^^

冬場になると感染性胃腸炎の他にも風邪が流行して熱を出してしまったり、なかなか予防接種のスケジュールが上手くいかなくなってしまいました。

 

個人的にワクチンをもし接種するなら、多少値段が高くてもいつも利用している行きつけの小児科があればそちらで受けるのをお勧めします。

乳幼児は定期接種も沢山あるので、ロタウイルスの予防接種を受ける場合はかかりつけの小児科で相談しスケジュールを立てましょう。

 

ワクチンは副作用や副反応がある場合があります。摂取する際には、ガイドブックが渡されるはずですので、しっかり読んで理解しておきましょう。

 

 

ロタウイルスかもと思ったら

 

ロタウイルスにかかわらず、発熱や嘔吐・下痢を繰り返す場合は必ず小児科に受診しましょう。

乳白色の便が出たらロタウイルスの可能性が高いので、受診の際はその事を医師に伝えて下さい。

また何回位下痢や嘔吐をしているかを伝える事が出来るようにしておくと良いでしょう。

 

痢や嘔吐は脱水症状を引き起こす恐れがあるので注意しなくてはなりません。

下痢だからと言って市販の下痢止めを飲ませて様子を見ようなんて絶対にいけません。

薬を使用する事で逆に症状が悪化したり治るのを遅らせてしまう場合があります。

 

下痢や嘔吐による脱水症状にならないように水分補給が重要です。嘔吐や吐き気が治まってから、少しずつ小まめに子供用の経口補水液やイオン飲料で水分を補給してください。

嘔吐があるうちは無理に水分補給を進めると吐き戻してしまい、逆に体力を消耗してしまう恐れがあるので、嘔吐が治まってから少しずつ飲ませるようにしましょう。

 

泣いても涙が出ない、尿が出ない・少ない、口の中が乾燥しているなど脱水症状の兆候が見られたら直ちに病院を受診してください。

 

まとめ

 

ロタウイルスは高熱で激しい下痢と嘔吐が特徴です。

まれに脳炎や肝機能障害などの合併症を引き起こす事もあります。

自己判断で市販の下痢止めを服用させたりせず、必ず小児科を受診してください。

冬場はロタウイルスの他にも様々な感染性胃腸炎やインフルエンザなどが流行します。

 

うがい・手洗い・人混みでのマスクの着用を徹底しましょう!

 

保育園や幼稚園に通っていると家庭で気を付けていても、どうしても流行している時はかかってしまいます。

大体の子供は小学校入学前に1度はロタウイルスにかかると言われています。1度感染して免疫が付いてしまえば、再度感染したときは軽い症状で治まる事がほとんどです。

 

30000円の出費は少し痛いですが、重症化を防ぐためにワクチン接種をして免疫をつけてしまうのも良いかもしれませんね^^

 

         スポンサーリンク  

         スポンサーリンク  

-子育て

Copyright© 楽の気持ち  , 2020 All Rights Reserved.