スポンサーリンク

子育て

子供に発疹が出た時の対処法

更新日:

お風呂に入れようと思って服を脱がせたら・・・何だこりゃ!!

子供の急な発疹驚きますよね。

我が子はアレルギーを持っていたので何度も驚かされました。一番ひどかったのはお友達の家の押し入れで皆で遊んだらしく、帰って来た時にはもうすでにお腹や太ももに発疹があり、鼻水・クシャミ顔の腫れという症状が出ていました。喉もヒューヒューと音をたてていて危険だと思いすぐに病院に行きました。注射と薬で症状はすぐに良くなりましたが、アレルギーについて子供が小さくてもきちんと説明しなくてはダメだと改めて感じました。

 

それ以来、猫のフケやダニを吸いこむとアレルギーが出る事を説明し、本人も気を付けるようになりました。

このアレルギーは現在大学生になっても同じような症状が出ます。しかし大人になるにつれて症状が軽くなった様な気がします。

本人もアレルギーと長く付き合っているので、アレルギーが始まったら市販の薬を飲んだり、状況を改善したりして日常生活に支障はない様子です。

 

アレルギー以外にも子供の発疹はとても不安になります。

保育園や学校などで水疱瘡が流行っているのであれば、発疹が出始めたら水疱瘡かもしれないとおおよその検討はつきます。しかし何の情報もなく発疹が出たら動揺してしまいます。

 

落ち着いて対処できるよう発疹が出た時の初期の対応をまとめてみました。

発疹を見つけたら

病院に行く前に慌てず子供の様子を観察します。

発疹に気付いた時間を念のためメモしておきましょう。

衣服を脱がせ体の何処にどれくらい出ているか、発熱や痒み、腫れや痛みなどもないかを確認してください。

例えば

「発疹に気付いたらわずかな時間で全身に広がった。」

「発疹が一部にしか見られない。」

「発疹が舌や口の中にも出ている。」

「発熱もしている。」

「かなり痒がっている。」

この様な詳しい情報を医師に伝える事によって、早く具体的な病名が解る可能性があります。

そして観察した情報を受診の前に必ず病院に電話して伝えることをお勧めします。そうすることで感染症だった場合別室を用意してくれたり、診察を優先的に受けられるようにしてくれる場合があるためです。

 

病院に着くまで痒みがひどい時は水で濡らしたタオルやガーゼなどで冷やしてあげると良いです。

絶対やってはいけない事

痒がっているからと市販の痒み止めや、家にある塗り薬などを自己判断で塗ったりしないで下さい。

発疹はアレルギー性のものやウイルス性の物、他にも薬が合わなくても薬疹が出たりと様々な原因が考えられます。対処法もそれぞれ違います。

その病名に合った正しい薬でなくては、逆に状況が悪化してしまう可能性があります。

絶対にそのまま薬は付けずに病院に行きましょう!!

 

急いでやってほしい事

 

木に触れた後や草に触れた後など、何か思い当たるものに触れた後発疹が出始めた時は、病院に行く前に触れた部分を洗い流してください。

そうすることで症状が緩和される場合があります。

病院でも何に触れてこうなったかという事を説明しましょう。

まとめ

子供に発疹が出た時は不安で、これが何であるか突き止めたくてインターネットや本などでついつい調べたりしてしまいます。

しかしその判断は医師にしてもらう事にして、親は正しい情報を医師に伝えるためによく観察しなるべく早く受診する努力をしましょう。

自分で調べても所詮素人判断で、逆に不安がつのってしまいます。

 

病院に受診することを迷うようなときは、以前記事にもしましたが#8000に電話して相談してみて下さい。赤ちゃんの発熱時の対処方法

自己判断で明日受診しようと判断するのは危険な場合があります。

 

子供を観察し症状をチェック ⇒ 病院に電話し症状を伝える ⇒ 受診

発疹が出たら必ず病院に受診することをお勧めします。

診療時間外であっても救急病院で対応してくれるはずです。

救急病院に行く場合でも必ず電話で症状を伝えてください。

不安の中過ごすより出来るだけ早く病院に行ってくださいね。

 

受診すれば大抵は数日で治ってしまうものが殆んどです^^

         スポンサーリンク  

         スポンサーリンク  

-子育て

Copyright© 楽の気持ち  , 2020 All Rights Reserved.